火災保険にはどのようなものがあるのか?

火災保険には幾つか種類がありますので、それぞれ補償の対象や、補償内容が違いますので簡単に特徴を掴んでおくと良いでしょう。


火災保険は火災だけでなくその他の自然災害、日常の生活に拘る様々なリスクを補償しますので内容を理解して必要な補償を考えてみるのが良いようです。

 

火災保険の種類と対象や特徴

 

 

【住宅火災保険】

対象

 

専用住宅と家財道具

 

特徴

  • 火災
  • 落雷
  • 破裂
  • 爆発
  • 風災
  • ひょう
  • 雪害による損害の他消火活動による水濡れ
  • 臨時の出費
  • 残骸の片付け費用
  • 失火見舞い費用

などにも支払われる。

水害・盗難は補償されない。

消火活動による水濡れなどは火災として補償される場合がある。

 

【住宅総合保険】

対象

 

専用住宅と家財道具

 

特徴

住宅火災保険と同様の補償に加え、

  • 物体の落下
  • 衝突
  • 給水設備の水濡れ
  • 盗難
  • 水害等

も補償される。

 

【団地保険】

対象

 

団地・マンションなどの耐火造共同住宅と家財道具

 

特徴

住宅総合保険とほぼ同じだが、傷害保険と賠償責任保険がセットになっている。

水害は補償されない。

損害保険会社各社より様々な商品が出てオプションなどもあるので、ニーズに合わせた選択が必要です。