生命保険料の払い込みが出来なくなった時はどうすれば良いのでしょう?

家計が厳しく保険料の支払いが出来なくなった時はどうなるのでしょう?

 

数年間払い込んだ保険料が無駄になってしまう。何か対処する方法があるでしょうか?

 

払い込みが出来なくなった場合の対処法

 

【自動貸付制度】

保険料の払い込みが一時的に出来ない場合、解約返戻金の範囲で保険料を立て替えてもらうことが出来ます。

 

払い込み猶予期間を過ぎても保険料が支払われない場合、生命保険会社が自動振替貸付けにより契約を有効に継続させる制度です。

 

手続きなしで自動的に振り替えてくれるので便利ですが、金額に対して利息が付き、貸付金額と利息が解約返戻金を上回るとそれ以上の保険料の立て替えはしてくれないので契約は失効となります。

 

あくまでも一時的な対応なので、長期に渡って支払いが難しければ保険の契約を見直す方が良いかもしれません。

 

【延長保険】

延長定期保険とも呼ばれる生命保険の変更制度の一つ。

 

保険料の払い込みを止めて、その時点での解約返戻金をもとに、死亡保障のみの定期保険に変更する方法で、定期保険料を一時払いしてしまうので、その後は保険料を支払う必要がありません。

死亡した時の保険金額は前の保険と同額ですが保険期間が短くなる場合があり、また付加していた各種特約は消滅します。

 

【払い済み保険】

 

保険料の払い込みを止めて解約返戻金をもとに、保険金を減らし特約を無くした今と同種の保険、または養老保険などに変更します。

 

新契約の保険料は一時払いで以後の支払いはありません。